読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月の舟

f:id:kibacosaya:20160205203833j:image

『カーテンフィルター』

気がつけばこんなところにいた

長い長い足跡 

大きく息を吐いたならば

空を見上げて

キミを連れてどこまでも行こう

雲の上だって 海の底だって

繋いだ手を離さないから 

いつまでも

遠い遠い夜間飛行の夢

虹色のカーテンフィルター

月の舟に揺られてる

星屑の川に流れる

時々闇の言葉たちが

キミを襲っても

惑わされず強くいられるように

自分を信じて

ボクの箱はこのひとつだけで

他にはなくて ここにしかない 

入れるものを 選別していく

「たったひとつ。」

遠い遠い夜間飛行の夢

虹色のカーテンフィルター

風の歌が聴こえてる

星屑の川に流れる

思い出した過去の記憶も

受け止められるように

ゆっくりゆっくり進めていけばいい

ボクはボクであることに

いつか誇りを持てますように

偽りの無い世界でずっと歌い続けたい

流れる涙を今日も信じながら

遠い遠い夜間飛行の夢

虹色のカーテンフィルター

月の舟に揺られてる

星屑の川に流れる




作詞:SAyA

(木箱 アルバム『hometown』より)





写真は2012.8.5 @ cubegarden 木箱hometown 発売記念ワンマンライブの会場装飾。
jobin.さん作。

私の歌詞の世界に寄り添って制作していただきました。

月の舟 素敵でしょう^^

f:id:kibacosaya:20160205203808j:image


f:id:kibacosaya:20160205203819j:image



広告を非表示にする